· 

愛鳥週間

北海道にも緊急事態宣言が発令されました。感染の中心は札幌ですが、地域の医療を守るためにも、今まで以上に感染対策を意識していきたいと思います。

ワンちゃんたちには春の予防シーズンであり、一年でも最も動物病院が込み合う時期ではありますが、体調管理・マスクや消毒の徹底・事前予約など、ご理解ご協力の程お願いします。

 

さて、5/10~5/16は愛鳥週間です。

http://www.env.go.jp/nature/lovebird/birdweek/

 

この一年、おうち時間が増えて愛鳥と過ごす時間が増えた方や、新しく鳥さんを飼い始めた方も多いと思います。うちも先代のブンチョウが亡くなってしばらく経つので、そろそろまた飼いたいな~なんて思いながら、診察に来た鳥さんたちを愛でさせてもらっています。

 

動物病院には色々な病気や怪我で鳥さんが来院されますが、日本ではセキセイインコやブンチョウなど小型の鳥が多く、治療や検査自体が難しい場合も少なくありません。

 

そこで「病気の予防」が重要になってきます。

 

鳥の病気については近年色々とわかってきていて、実はこれよくないよ!という昔ながらの飼い方もあったりします。

診察時にも、飼育指導に費やす時間が結構多いです。もちろん病院で相談して頂くのも大歓迎ですが、ご自身でも、コロナ禍で増えたおうち時間で、少し調べていただけるとうれしく思います。(できればネットの情報だけじゃなくて、獣医師監修の飼育本にも手を出してみて下さいね)。

 

特に以下の項目に当てはまる場合、ちょっと気を付けた方がいいかもしれません・・・。

 

・穀類のご飯を食べ放題にしている

・野菜やサプリメントは与えたことがない

・基本的にお部屋の中を自由にさせている

・ケージの中に巣箱を入れている

・よく卵を産む

 

また追々この辺りは書いていこうと思いますが、今回はこの辺で。

 

獣医師 原

ポラリス動物クリニック

〒059-0032 北海道登別市新生町1-18-1 Jビル1階(つぼ八さんの看板が目印です)

Tel : 0143-50-6835

Fax : 0143-50-6837

 

* 駐車場あり(ビル横、つぼ八と共用)

 アイペットペット保険対応動物病院