避妊去勢手術について


動物たちの寿命が延びると共に、中~高齢期での生殖器に関連した病気が多くなっています。

発症すると命に関わるものも多いですが、若いうちの手術で予防が期待できるため、早期の避妊・去勢手術をお勧めしています。

 

また、ある程度年を取ってからの手術でも予防できる病気は多いので、一度ご相談下さい。

女の子は子宮蓄膿症や乳がんの予防に、男の子は精巣腫瘍・前立腺疾患などの予防に手術が有効です。

特に女の子は、中~高齢期に生殖器疾患で手術になる率が非常に高いため、避妊手術による予防が勧められます。

女の子において若いうちの避妊手術によって、悪性度の極めて高い乳腺癌の発生率を抑えることができます。

ウサギ

中年齢以上の女の子の多くで、子宮・卵巣に異常があることが報告されています。

緊急手術になることも多いため、比較的リスクの低い若齢期の手術が勧められます。

ハリネズミ

2歳以上の女の子で、子宮や卵巣の病気が非常に多く認められます。

まだ予防的な手術は一般的ではありませんが、早期発見が特に難しい動物ですので、推奨している獣医師もいます。

フクロモモンガ

男の子のストレスによる自咬症の治療に、去勢手術が有効な場合があります。

手術の流れ

お電話でご予約下さい。

ご希望日が埋まっている可能性もありますので、

何日か候補をお伝えいただくとスムーズです。


 

初診の方、しばらくご来院のない方は事前の診察をお願いしています。


当日のAM 11:00頃にご来院頂きます。簡単な診察・説明の上、お預かりになります。

✦犬・猫は朝ご飯を必ず抜いてきて下さい。


 

お昼の時間に手術を行います。飼い主さんはご自宅で待機して頂きます。


男の子は当日の夕方から夜にお迎え、女の子(または開腹手術の場合)は翌日の診察時間内にお迎えになります。


1週間後に傷口と体調のチェックにご来院頂きます。抜糸が必要な場合は1~2週間後になります。


ポラリス動物クリニック

〒059-0032 北海道登別市新生町1-18-1 Jビル1階(つぼ八さんの看板が目印です)

Tel : 0143-50-6835

Fax : 0143-50-6837

 

* 駐車場あり(ビル横、つぼ八と共用)

 アイペットペット保険対応動物病院